友人目線の話です。凸凹なバンドのメンバーたちと、音楽フェスを企画・開催するイベントを立ち上げようという活動を試みることとなりました。

来年の春辺りまでには、開催にこぎつけたいのですが、私の予想では、2年ほど要するのではないかなぁという心持ちであります。

バンドメンバーの中には、いずれは、音楽フェス開催までの道のりを書籍にまとめて、本を出版したいなどと、すでに伝説の音楽フェスを築きあげたような事を言っている呑気なメンバーもおりますが、元々は、自分たちが楽しめるようにと、バンドメンバー仲間と発表会形式で行っていたイベントでしたので、その延長線のようなステージ作りを心掛けたいと、私自身は考えております。

そのような試みが、町おこしまでつながれば、本望ではありますが、欲張らず、見栄を張らず、アットホームな音楽フェスを目指したいと思います。まずは、会場探しと、会場の地域周辺の賛同を得られるかどうかの問題があります。

メンバーの意見の中では、屋内開催の方が、延期や中止などの手間がかからず、良いのではないかという意見が出ているのですが、田舎の音楽フェスを屋内で開催することに楽しみがあるのでしょうか?

確かに、屋外での開催は機材の運び入れなどを考えると、雨天開催の場合の面倒さが懸念されます。会場地の選択、「屋内」or「屋外」は、メンバーの意見がかなり分かれたところでした。

皆さんは、田舎の音楽フェスに何を求めますか?私自身の意見としては、第1回目の開催に関しては、まだイベント開催には未熟な私たちが、イベントの指揮を取るのですから、町の小中学校の体育館の利用許可を取って、ステージは屋内に設置し、模擬店舗などを屋外スペースに設ければ良いのではないかなと考えています。

このような私達の音楽フェス開催までの道のりが、1冊の本として出版され、多くの人々に紹介され、伝説となるまで、果たして私達は頑張れるのでしょうか?

「nico-leboコラム!」サイトトップへ