友人目線の話です。凸凹なバンドのメンバーたちが、自分たちの手で音楽フェスを企画・開催しようと、イベントを立ち上げるべく活動し始めました。

とはいっても、呑気にバンド練習の合間に、あーでもない、こーでもないと話合いを進めるばかりです。

先日は、会場地を「屋内」にするか、「屋外」にするのか、話合いは、平行線上で終結しました。私の意見としては、まずは、初心者が開催する第1回目の音楽フェスなのですから、安産型で行きたいなぁと考えております。

ステージ設置は、町中の小中学校の体育館の許可を取り、模擬店などを、屋外の空きスペースに出して、お祭りムードを味わってもらうという趣旨なのですが、メンバー内では、「屋内派」「屋外派」に大きく分かれてしまったので、会場地に関しては、またのちのちに話し合うよう、別の取りきめに方向転換する事にしました。

果たして、会場の地もままならない状態で、話合いは進むのでしょうか?

メンバーたちは、いずれこの話合いは、伝説のフェス開催までの軌跡として、本になって出版されるのだから、トコトン話し合おうなどと言っているのですが、伝説の音楽フェスを作って、本を出版されるまでになろうという意気込みばかりで、本題の話合いは、全く何も決まっていません。

楽しみながらイベント開催できればという思いの中、イベント作りを行っていますが、来年の春までに話はまとまるのでしょうか?

「nico-leboコラム!」サイトトップへ