お子さまの防災グッズを考えよう

防災グッズに縄跳びを選ぶ友人の考えのなかでは、万が一、避難生活が長引くことになった際に、「縄跳び」は、何か物資を運ぶ際の荷造りをする道具にもなりますし、洗濯物などの物干しにもなると言うのです。さらに一番の重要な役割は、子どもたちの遊び道具となることが重要なのだそうです。避難生活が長引くことで、大人も子供もストレスの解消が必要不可欠となるそうなのです。そこで、子どもたちの遊び道具として「縄跳び」が重宝するのではないかということでした。どうしても暗い気持ちに傾きがちな避難生活のなかで、元気に笑顔をみせる子供たちの遊ぶ姿が、大人たちにとっても子供たちにとっても大きな励みになるのではないかと考えているそうなのです。防災に詳しい専門家たちのコメントなどでは、子供たちが喜ぶようなお菓子を非常食に備えておくことも大切な事柄となるそうです。大人同様に避難生活に不安を抱える子供たちの心を和ませるお菓子は、子供たちにとっては元気の素となることもあるようです。皆さんもご自身の避難生活とともに、小さなお子さまの避難生活を想定した形で防災グッズを選ばれてみてはいかがでしょうか。また、ご自宅では子供部屋の家具の固定や雑貨などに使用されている素材の見直しなど、万が一を想定した上で、ご家庭内の環境から1つひとつの危険を排除しておくことも重要なポイントとなるでしょう。