小学校受験では、さまざまなことが考査されることが多いです。その詳細は志望している小学校によって異なるので事前にしっかりとその内容を確認する必要がありますが、一般的にほとんどの小学校で3枚から10枚程度のペーパー試験が行われます。ただ、受験するのは未就学児なので読んだり書いたりする問題ではなく、出題者が読み上げた問題に正解やマルバツ、丸で囲むなどの形で解答します。