創作活動を行うクリエイターが使うパソコンの条件は、CPUの周波数が高くコア数は多めで、メインメモリは64GB以上が1つの目安となります。
CPUを物理的に2個以上搭載しているのも当たり前ですし、クリエイターの要望に応えるパソコンとなれば、それくらいの構成であって当然です。
映画制作やCGなどにおいては、グラフィック性能も重要なポイントになってきますから、ゲーム用のグラフィックボードではなくワークステーション用向けが狙い目です。
ストレージは1TBでは到底足りなくなるケースが出てくるので、増設を前提にSSDとHDDで構成するか、5TB以上や10TBのHDDの標準搭載となるでしょう。
いずれにしても、クリエイティブな作業にはパワフルなパソコンが不可欠ですから、スペックに妥協せず予算内で選べる最高のものを選択したいところです。”