中途採用の面接は、一般的には2回か3回と言われています。後の面接になるにつれて、配属される部署の上長などが担当することが多いようですが、会社によっては、初めから上長が担当することもあります。

もしも筆記試験を行う場合は会社側は初めに筆記試験を行うといった旨を通知した上で、どんな目的で行うのかも明確にしておきましょう。中途採用における面接内容は、まずスキルや経験の確認などが主になります。職務経歴書や履歴書の中身について、気になることを確認しましょう。志望動機などを併せて、その人物を見る必要があります。

会社ごとに重視している点は違いますし、それ以上に雰囲気が合うと感じる場合もあります。最終的には縁だと言えますが、どんなポイントを大事にするのかを面接を受ける前に確認しておきましょう。

また面接を行う上で注意しなければいけないマナーは、しっかりと覚えておきましょう。

エンジニアへの転職の簡単な流れや中途採用に関する情報は下記サイトでも取り扱われていましたので、参考までに併せて読んでおくと良いでしょう。

【参考サイト】

エンジニアへの転職ロードマップ! | まずは必要なスキルを獲得しましょう