家族信託は利用する大きなきっかけは父親の葬式時に同姓で同居している親族でありながら、父親名義の口座から預金を下ろすことができなかったことです。このような不便さから母親と自身の兄弟により話し合い家族信託を利用することになりましたが、一番のメリットは母親が元気なうちに意思をしっかりと反映させ家族間でもしものときに財産の管理や処分ができることです。預金などの具体的な数字で示される財産の他にも、不動産に関しても売却のみではなく管理や家賃収入などの収益性のある場合にも対応できるのも大きなメリットといえます。基本的な制度として家族信託は財産の委託者と管理などをおこなう親族でも指定できる受託者と、財産権をもつ受益者の三者で成り立つことからトラブルに発展しにくいのもこの制度の良い点です。家族信託のような信託には種類があります。信託の種類などについて知りたい方は下記参考サイトを併せて読んでみるのも良いでしょう。

参考サイト:信託には種類があります – 信託毎の特色や特徴などをご紹介致します。