官庁などで活用される総合行政ネットワークがLGWAN

今では世間一般的にデジタル化社会となっており、家庭でも多くのところでパソコンやインターネット回線を活用されています。官庁などでも2010年には全国の約98パーセントがデジタルへと移行をされており、全国で総合行政ネットワーク網が構築をされました。このネットワークのことをLGWANと呼んでおり、ワールドワイドウェブの1つ規模を縮小させた通信と言えます。おもにマイナンバーの照会・住民票や戸籍謄本のデータを管理しており、総務省によって運用がなされているものです。LGWANは通常のwwwネットワークから遮断をされており、自由にどなたでもアクセスができるわけではありません。その点はローカルエリアといえるものです。また、デジタル社会においては情報資産の管理も重要になってきますが、その事について気になる方は以下のサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

現代社会における情報資産