執拗ないじめ対策

いじめ対策は重要ですが、モンスターペアレントからは執拗ないじめ対策を求められることがあります。対応実践例を学んでおくことで、上手く立ち回れるようにしておきましょう。たとえば、学校が調査してもいじめの事実がなかったときに執拗に調査を求められた、当人同士で問題が解決しているのにいじめ問題として保護者会の開催を求められた事例などがあります。いじめ防止対策推進法という法律に則って調査を行ったのであれば、それ以上はモンスターペアレントの言い分を聞く必要がありません。また、既に解決しているはずのことを大きくしようとする場合も、法律的な責任がないので聞き入れる必要がないです。法律と照らし合わせたときに実施しなければならない内容でない場合は、言いなりにならずに断るという対応を選ぶべきだと言えます。これらの話を踏まえた上で、学校の環境をより良くしたいと思った方は、以下のサイトを参考にしてみて下さい。

より良い学校づくりのために-その課題コンサルタントに相談してみませんか?