赤ちゃんにだしを覚えさせてあげましょう

離乳食期になると、次第に固形物も細かく砕いて液状にすれば徐々に食べさせることが出来るようになるんです。しかし単に野菜や肉類、魚に果物などを液状にしてあたえるのではなく、だしで風味つけして赤ちゃんに与えることがおすすめなんです。離乳食期から陶磁器が一番味覚が発達する時期です。この時期にだしを飲んだか否かで、その後の人生の味覚や嗜好なども大きく変わるんです。お母さんは基本的に昆布だし、かつおぶしだしに煮干しだしを覚えなければいけません。手間暇が面倒な場合には、煮込む野菜と一緒に鰹節を煮込んでしまえば風味がでて、非常に素材の味が活きる離乳食にすることが出来るんです。食育とは離乳食期から幼児期までが一番肝心と言っても過言ではありません。子育てについて更に詳しく知りたいという方は、下のサイトをチェックしてみて下さい。

知っておきたい子育ての話