どこのご家庭でもエアコンは1台は必ず設置をされているでしょう。現在では夏になると40度をこえる気温になるため、必ず使用をしないといけません。昨今の主流の機種であれば、室温を自在に設定できるエアコンとなっており、快適な空間を作りやすくなりました。それを実現しているのが温度調節器であり、簡単に仕組みを解説していきます。温度調節器は本体の内部に組み込まれていて、赤外線を照射して温度を正確に読み取っています。たとえば室内を18度で維持したいとリモコンで指示を出せば、その温度になると同時に本体のシステムに信号を送るわけです。赤外線は目に見えるものではないので、人体にも悪影響をあたえるものではありません。エアコンのより詳しい仕組みに関しては下記サイトをご覧ください。

エアコンの仕組みを理解しておこう